何年たっても、まだ狂ってる。
Still Crazy After All These Years (Paul Simon)
<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 華氏451度 | main | フロリクス8から来た友人 >>
華氏451
※ネタバレあり。

『華氏451』
監督:フランソワ・トリュフォー/出演:オスカー・ウェルナー、ジュリー・クリスティ/1966年制作

原作が面白かったので、原作を読み終えた次の日にさっそくDVDをレンタルして観た。
うーん。映画も悪くないんだけど、「本の魅力」を伝えることに関しては、やっぱり同じ媒体である小説の方が向いていたと思う。映画だと、主人公モンターグがどうして本にのめりこんでいったのか、ひとりの男をそこまで変える本の魅力とは何なのかが全く伝わってこないから、モンターグの心境変化がえらく唐突に感じる。まあ、決められた時間内にまとめるためにはどうしても原作のダイジェスト的になってしまうのは分かるんだけど、「なぜ、禁じられている本にのめりこんだか」はこの作品の核心だと思うから、そこは他の部分を削ってでも、もっと説得力のある演出をしてほしかった。監督がトリュフォーなだけに、なおさらそう思う。実はトリュフォーの映画を見るのはこれが初めて(たぶん)なんだけど、これ一作見ただけで「トリュフォーたいしたことないな」なんて軽卒な判断下しちゃいそうな自分がいる(笑)。

以下、とりとめのない感想を箇条書き。

○オープニングが斬新。文字によるクレジットはいっさいなく、かわりにナレーターが映画タイトルやキャストを読み上げていく、まるでテレビのニュース番組のような始まり方。冒頭から「文字」を徹底的に排除したこの演出で、一気に観客をかわいた映画世界にひきずりこむトリュフォーの手腕はさすが、というべきか。

○フェイバーさんが出てこなかった。寂しい。登場人物がはしょられるのは尺的にしょうがないとしても、この人がいないから、映画では「本の魅力」が充分に伝わってこなかったんじゃないだろうか。

○そして機械シェパードが出てこなかったのはもっと寂しい。当時の特撮技術では、機械シェパードを動かすのは難しかったということだろうか。

○60年代に作られた、近未来が舞台の映画。「この時代の人は、こんなふうな未来を思い描いていたのか」というのが分かって面白い。いわゆるレトロフィーチャー。未来的なんだけどレトロなインテリアや建築物がかっこいい。

○ファッションも、モンターグが着ている消防服は近未来的なんだけど、女性たちのファッションは未来的でもなんでもない、当時の英国トラッドのような気がする。カッチリしたタータンチェックのスカートとか、タートルネックとか。あ、でもスカート丈が全体的に短いのは当時の流行かも。着こなしているジュリー・クリスティのスタイルの良さもあるけど、そうした60年代ファッションがおしゃれで、真似したくなる。(ただしミニ丈はパス)

○主人公の奥さん(ロングヘア)と、本を愛する小学校教諭見習い(ショートヘア)。対照的な二人の女性が登場するけど、それがジュリー・クリスティの二役であることは、映画を見終わるまで気づかなかった。に、にぶい……。顔よりもファッションの方に目を奪われていたからかも。ちなみにショートヘアの方が似合ってたと思います。

○文字を覚えたての子どもじゃあるまいし、なんで声に出して本を読むんだモンターグ。映画的な分かりやすい演出とはいえ、これは突っ込まざるをえない。

○おばさんの秘密図書室を焼くシーン。署長がそれぞれの本のジャンル(小説とか哲学書とか)について厳しく批評するんだけど、それがいちいち的確なのがおかしい。「アリストテレス。深遠な本だ。読むと誰もが、他の人より賢くなったと思いこむ。人間はみな平等なのが幸せなんだ」とか。そして私もああいう図書室が自分ちにほしい。本に囲まれて暮らしたい。

○「本の人々」の集落が叙情的で、特にラストシーンが美しい。集落シーンにかなり尺を取ってるところを見ても、トリュフォーがこの作品でもっとも描きたかったのはこの「本の人々」ではないかと感じる。しかしもう寿命がつきようとしている老人から本を受け継ぐため、その内容を暗記させられている少年にはちょっぴり同情。自分が好きで、後世に残したいと思う本だからこそ暗記できるんじゃないかなあ。

○DVDの特典映像が充実している。原作者ブラッドベリのインタビューとか、メイキングとか(オオッ)しかし字幕がついてない!(ガクッ)
私は100円で借りたのでまだいいとしても、購入した人はかなり落胆しただろうな。しかもジャケットには、特典映像が字幕なしってことは書いていないらしい。それはちょっと不親切なんじゃないかと思うよユニバーサルさん。
web拍手 by FC2
スポンサーサイト
web拍手 by FC2
COMMENT









Trackback URL
http://still-crazy.jugem.jp/trackback/147
TRACKBACK