何年たっても、まだ狂ってる。
Still Crazy After All These Years (Paul Simon)
<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< そろそろホンモノを。 | main | 切ない系のイメソン発見 >>
駅からとほご〜「心斎橋」編
DSC_2548.JPG
駅から徒歩5分の範囲をぶらり散策する「駅からとほご」シリーズ。今回は前回の北助松とはがらりと変わって、オシャレな若者が闊歩するファッションの街・心斎橋の巻〜。

DSC_2508.JPG
地下鉄の改札を出て階段を上ると、そこはエメラルドグリーンの銀杏並木が美しい御堂筋。まさに新緑!って感じで、みずみずしさにあふれてます。

……え? 新緑?

そう、いかにも「こないだ行ってきました」みたいに書いてるけど、実はこれらの写真を撮ったのは去年の5月。いったいどんだけ寝かせてたんだっていう(笑)。まあ元々、ブログに載せる予定で撮った写真じゃなかったしぃ〜(言い訳)。季節感まったく無視ですが、「早く春になあれ」という思いをこめて。(さらに言い訳)

DSC_2474.JPG
一言で御堂筋といっても、本町あたりを走る御堂筋は、両脇にオフィスビルが並ぶビジネス街の雰囲気。それが南下して心斎橋に近づくにつれ、ブランドショップが立ち並ぶゴージャスゾーンに様変わりします。
DSC_2473.JPG
御堂筋同様、心斎橋も、そのエリアによって微妙に表情が違う。今回、私が散策したのは御堂筋の西側、西心斎橋のほう。個人的に、東心斎橋は庶民的なお店(居酒屋とか)が多くて、雑然としたイメージ。逆に西心斎橋はフレンチやイタリアン、エスニックなどの個性的なお店が多くて、オシャレな雰囲気が漂っている。……って、例えに出てくるのが飲食店ばっかり(笑)。
今回、西心斎橋を歩いた理由も、なんてことはない、おいしいベトナム料理のお店がこっち側にあったから。つまりその店に行くついでに、付近を散策したというワケ。
DSC_2525.JPG
「ANGON(アンゴン)」。大阪のベトナム料理店のパイオニア的存在とか。
DSC_2487.JPG
入り口は一階だけど、お店自体は階段を上がった二階にあります。この階段が狭くてちょっと薄暗くて、もうこの階段を上ってる時から「非日常」な雰囲気が。
DSC_2524.jpg

DSC_2516.JPG
店内にはベトナムで購入した雑貨があちこちに飾られていて、なんともいえない異国情緒をかもしだしています。

この店にはこれまで二回ランチに行ったんだけど、その二回の食事を一挙に掲載。そこんとこ勘違いしないように。いくら食い意地の張った私とはいえ、決して一回のランチでこれだけの量を頼んだのではありません。

DSC_2513.JPG
一回目に訪れた時に頼んだのは、「ベトナム汁麺ランチ」(950円)。麺は数種類から選べます。もちろんフォーもあったけど、ここでフォーを選ぶのはあまりにも無難すぎる選択に思い、南部の名物麺こと「フーティユ」をチョイス。あっさりしてておいしかった……けど、食べ慣れていないせいか、フォーとの違いが今ひとつわからん。

DSC_2517.JPG
このお店では、香草はこんな風に瓶に入っていて、無料で食べ放題できます。香草が好きな方は、麺が隠れちゃうほどたっぷりその上に香草を盛りつけるみたい。私はそれほどでもないので、香り付けにちょっとだけ。

DSC_2519.JPG
他の写真は全て私の撮影ですが、この写真だけは、この日ご一緒していたカメラマンさんが撮影。わざと「ちょっとピンぼけ」に撮ることで、香草のみずみずしさと、瓶に入った水のシズル感を表現してるんですね。さすがプロ!(……と思ったけど、実は普通に手ブレしただけだったりして(笑))

一回目の訪問で心残りだったのは、食後のデザートを頼まなかったこと。ご一緒した人があまりこういうエスニック系が好きじゃなさそうだったので、デザートまで頼むのは気が引けたので。そこで二回目は一人で来ようと決意。こういう決断だけは早いのだ。

食べ物に関する決断が早けりゃ、行動も早い。約一ヶ月後に、今度は一人で「アンゴン」を再訪。
この日、まず頼んだのは「ブンチャーランチ」(950円)。ブンチャーとは、ベトナムの首都ハノイの代表的なぶっかけ麺のことだそう。
120526_1216~01.jpg
手前がビーフン、奥が揚げ春巻き。

120526_1215~01.jpg
焦げ目が香ばしい手ごねの焼きつくね。このつくねが入ったスープに、ビーフン、揚げ春巻き、レタスなどの野菜類を投入し、秘伝のタレをかけて混ぜ混ぜして食べます。お好みで香草、ピーナッツ、フライドオニオンを入れると香りと歯ごたえがupしてさらにおいしく。
見た目じゃそれほどでもないですが、実はかなりボリューム満点。焼きつくねだけでも食べ応えがあるのに、さらに揚げ春巻きまでインするんですから。お店のサイトには「お野菜たっぷりとれるのでさっぱり」とか書いてるけど、野菜よりも圧倒的に肉と揚げ物の方が多いから、ちっともさっぱりしてない(笑)。むしろこってり。個人的にはもっと野菜の量を増やしてほしかった……。
結局、最後まで食べきれずに焼きつくねを残してしまった。だがこれにはちゃんと理由があった。この後、デザートに「揚げバナナ」を頼む予定でいたからだ。揚げ春巻きを食べた後に、さらに揚げバナナ! ヘビーすぎる! しかしこの日、この店に来た最大の理由は揚げバナナを食べることだったのでためらいなくオーダーする。いくらお腹いっぱいとはいえ、ことスイーツに関しては任務遂行は絶対なのだ。

120526_1242~01.jpg
米粉で揚げたバナナにバニラアイスを添え、シナモンシュガーを振りかけた「揚げバナナのシナモンシュガー」(550円)。
パッと見、地味。お店で出すスイーツというより、おばあちゃんの手づくりおやつって感じ。何か得体の知れないものを揚げてるゲテモノ料理に見えないこともない。(失礼な)
でもこういう見た目が地味なお菓子ほど、実際に食べたときの驚きは大きいもの。このお菓子も外サクッ、中トロ〜リでびっくりするほどおいしかった。食後に一人で食べるにはちょっと量が多かったし、味も重かったけど。恐らくカフェタイムやディナータイムに、2、3人でシェアすること前提のスイーツなんでしょう。ランチの後に一人でこれを頼む客はあんまりいないと見た。
120526_1244~01.jpg
とか言いつつ、ペロリと完食(笑)。猫舌なので、揚げたてが熱くてちょっと舌を火傷したけど、即座にアイスで冷やしたから大丈夫。そうか、アイスが添えられてたのはこういう配慮だったのか!(たぶん違う)

という訳で、このお店で今んとこ一番の個人的おすすめは「揚げバナナ」です。家でも作れそうっちゃ作れそうだけど、やっぱり米粉じゃないとあの味は再現できないんだろうなー。

お腹いっぱいになった後は、腹ごなしに付近をぶらぶら。この界隈は飲食店以外のお店も個性的で、それらを見て歩くだけで楽しい。
DSC_2495.JPG
この建物はお店じゃなく会社のようだったけど、壁にはこんなアートが。

DSC_2496.JPG
ハンドメイドな自転車屋さん。カラフルな自転車がずらりと並んでいて壮観。なかでもカゴの代わりに黄色いバケツをくっつけた自転車がキュート。ちっちゃいカバンしか入らなそうだけど、こういう自転車に実用性を求めてはいけない。

DSC_2504.JPG
黒いドレスを着た少女が、ウィンドウごしにお客を出迎えるドールショップ。少し照明を落とした店内も雰囲気たっぷり。中に入りたい誘惑に駆られたけれど、ドールたちはいかにも「いいお値段」がしそうなので、私のような庶民がこういう趣味にのめり込んでは危ないと思い、あえて中には入りませんでした。

DSC_2493.JPG
マーク・ジェイコブスのショップは、ビルの外を走る非常階段がなんとなくマンハッタンな雰囲気。
さらにその向こうには、ロイ・リキテンスタインのアートをプリントしたビルが。この界隈はなんだか日本じゃないみたい。通りを一つへだてた向こうはアメリカ村だし。しかしアメリカ村まで行くと「とほご」じゃなくなるので散策はここまで。(誤解を避けるため補足すると、今回私が使った地下鉄出口とは別の出口から出た場合は、アメリカ村も十分とほご圏内です)
また次の機会にゆっくり散策したい……けど、次に来たときもきっとまた飲食店目当てなんだろうなあ。
DSC_2489.JPG
web拍手 by FC2
スポンサーサイト
web拍手 by FC2
い…イイ!!!
熊(夫)に「西日本行きたい」と言ったら、「汚染物質がどうにかなかったら」という条件つきで「そのうち」ってことになりました。熊はついでに「四国がいい」と言い出しましたが…。

ああああ〜心斎橋。テレビでは地名を聞いたことはあるけれど風景をじっくり見たことも行ったこともない…いつか行けるといいなぁと実感してます。
thewhitenotes | 2013/02/09 15:07
楽しんでもらえたようで嬉しいです^^。
心斎橋は大阪の中でも「若者向き」の街なんで、実際に買い物しなくても、見て歩くだけで刺激があって楽しいですよ。銀ブラにあやかって、心斎橋をあてもなくぶらぶらすることを「心ブラ」とも言いますし。
http://www.shinsaibashi.or.jp/shinburabiyori/index.html
もちろん四国で温泉やグルメ(うどんなど)を楽しむのもいいものです。西日本旅行、近いうちに実現するといいですね!
めえこ | 2013/02/10 23:35
COMMENT









Trackback URL
http://still-crazy.jugem.jp/trackback/210
TRACKBACK