何年たっても、まだ狂ってる。
Still Crazy After All These Years (Paul Simon)
<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< ちょうどいい時に生まれた。 | main | 今さらブログを始めた理由。 >>
教会で祝うクリスマス〜フィラデルフィア編
私がこの時期に渡米したのは「欧米のクリスマスを味わう」ため。中でも、教会のクリスマス礼拝に出席したいと思っていた。日本の教会のクリスマスと、雰囲気なども違うのだろうか。
当時、妹一家はフィラデルフィア郊外のロズモント(Rosemont)に住んでおり、隣町のブリンマー(Bryn Mawr)にある日本人教会に通っていた。
海外の日本人教会は、自分たちの会堂を持っていないことも多い。ブリンマーの
日本人教会も、プロクラメーション長老教会(Proclamation Presbyterian Church)の支援を受け、同教会の地下一階の部屋で礼拝を行っていた。

2006_12250019.jpg
プロクラメーション長老教会。一見、修道院にも見えるレンガ造りの堂々とした外観。ヨーロッパの教会とは、また雰囲気が違う。

2006_12250017.jpg
格調高い雰囲気の礼拝堂。巨大なパイプオルガンが圧倒的な存在感を放っている。
「ノアの箱船」をイメージしたであろう、箱船風の天井の木組みも印象的。



イエス・キリストが生まれたのは24日の夜。なので教会では24日の夜にイブ礼拝を行い、次の日曜日、午前の礼拝を「クリスマス礼拝」として祝うことが多い。
24日の夜、日本人教会ではイブ礼拝は行われず、信徒たちはプロクラメーション長老教会の礼拝に出席する形になった。そして日曜のクリスマス礼拝は、長老教会との「合同礼拝」とでもいおうか、本会堂の礼拝に出席し、その後いつもの部屋で、日本語のクリスマス礼拝を行った。(…と思う。5年前なのでところどころ記憶があやふや)

2006年12月24日の夜は寒かった。ブリンマーは自然を多く残した住宅街なので、夜に車で走ると、真っ暗な景色の中にときおり、きらめくイルミネーションが浮かび上がる。家々が、壁や庭をイルミネーションで飾っているのだ。車窓からその光景を眺めていると、あっという間に教会に着いた。

アメリカ人が集う教会なので、礼拝メッセージも全て英語。だが聞き慣れた単語が飛び交うので、なんとなく意味は分かる。牧師は身振り手振りをまじえてエネルギッシュに語りかけるタイプの人で、聞きながらつい引き込まれた。そして何より、パイプオルガンの伴奏で歌う賛美歌が素晴らしかった。よく知っている曲ばかりなので、英語でも問題なく歌うことができた。特に「Hark! The Herald Angels Sing」の大合唱は、思わず涙が出そうになった。人種も話す言葉も違うけれど、こうして、ともに主の降誕を祝える素晴らしさ。そのことに感動し、この時期に旅行して良かったとしみじみ思った。

12.jpg
夜の教会は、日中とはまた違った雰囲気。ステンドグラスが暗い代わりに、シャンデリアの光がまばゆい。

0015.jpg
入口から会堂に続く通路に、クリスマスツリーが飾られていた。色味を抑えたツリーは気品があり、この教会によく似合っていた。

2006_12250015.jpg
上のツリーの日中バージョン。ライトアップがなくても充分美しく、まるで貴婦人のよう。足もとをビロードの布で覆っているのが、ドレスの裾のようで、貴婦人っぽく見えるのかも。

0016.jpg
地下一階にある日本人教会の通路にも、ツリーが飾られていた。
こちらは、赤いドレスを着た令嬢といった感じで、上のツリーより可愛らしい雰囲気。

2006_12270006.jpg
姪っ子がクリスマス礼拝でもらったプレゼント。教会に来た子ども全員がこのプレゼントをもらっていた。

2006_12270005.jpg
これも、教会でもらったプレゼントのお菓子。ツリーのイラスト入り缶に入っていた。
web拍手 by FC2
スポンサーサイト
web拍手 by FC2
COMMENT









Trackback URL
http://still-crazy.jugem.jp/trackback/22
TRACKBACK