何年たっても、まだ狂ってる。
Still Crazy After All These Years (Paul Simon)
<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< リピーターの多いホスピス病院〈5〉 | main | 旅の設計図 >>
シンプルは贅沢
木のカタマリ時計「TO:CA」。数年前からインテリアショップなどで見かけて気になっていたこの時計を、今年2月に衝動買い。

木のぬくもりとデジタルの融合がどーのこーのというウンチクより何より、この見た目。電源を入れるまではこれが時計だと気づかない、何の変哲もない木のカタマリに、突然デジタル文字が浮かび上がる瞬間。シンプル極まりないデザインだけど、実はこれほどビジュアル重視な時計もない。余計なものを削ぎ落した究極にシンプルなデザインこそが、実はもっとも贅沢なデザインだということが、この時計を見るとよく分かる。
もっとも、素っ気ないほどシンプルなのにサマになるのは、本物の木を使っているからこそ。もしこれが「木に見せかけたプラスチック」とかだったらこのシンプルデザインが一気に台無しに。逆に言うと、「本物の素材はシンプルなデザインでこそ映える」ということだろうか。

木片に浮かび上がるデジタル文字が、どこかレトロな赤色なのもいい。これがもし他の色だったら、この味わいは出ない。


この時計は一日のうちで何度もその表情を変える。
日中、陽の当たる窓辺に置くと、木片に浮かぶ文字はピンク色で、今にも消えそうなほど薄い。
次第に日がかげってくると、日陰になった部分だけ、文字の色がやや濃くなるのが見てとれる。

そして夜、部屋が暗くなると、赤文字がくっきりとネオンのように浮かび上がる。

「TO:CA」
国際家具コンペティション北海道旭川2002 ブロンズリーフ賞受賞
2004年グッドデザイン賞受賞
デザイナー/岩崎 広治
受賞企業
/株式会社匠工芸 (北海道)


拍手ありがとうございます!いつもとっても励みにさせてもらってます。以下「続きを読む」に、ポール・サイモンの記事への拍手の返信です。
4.8
k.ishinoさん

ポール・サイモンの記事への拍手&コメントありがとうございます。共感&褒めてもらえてうれしいです(^_^)ღ
やっぱり「サプライズ」はジャケットデザインからして、それまでのポールの音楽とは異質な感じですよね。まさに「サプライズ」。大ベテランになっても新しい挑戦をためらわないポールが大好きです。チャレンジ精神旺盛すぎて、時には手痛く失敗する事もありますが(映画や舞台など)、その生き方には多いに勇気づけられています。音楽って、その人の「生きざま」みたいなものが表れますよね。

web拍手 by FC2
スポンサーサイト
web拍手 by FC2
あっ!これはキレイ…。感覚・直感に訴えかけるアナログ時計に美しさを見出していたのですが、デジタルにも別の美しさがありますね。そうか、シンプルさで言えばデジタルも素敵ですね。

ちょいとデザイナーさんの名前をメモりました(笑)。
thewhitenotes | 2013/04/16 21:57
コメントありがとうございます!&返信遅くなってすみません(汗)
そーなんですよ。私もこれまでアナログ時計の方が好きだったんですが、この時計はそういう区別を越えて、シンブルを極めたところが魅力だなあと。
ただ、いくらかっこいい時計を置いても、部屋がそれにマッチしてないのが辛い(笑)。この時計に似合う部屋は、例えばビジネスホテルのようなシンプルで生活感のない部屋だと思うんですが、ああいう部屋を目指そうとしても、いかんせん私の部屋には電化製品が多すぎる(汗)。パソコン、ファックス、プリンター……。どれも処分できないものばかりなのが辛いところです。
めえこ | 2013/04/21 09:23
>パソコン、ファックス、プリンター
そそそそれは処分できないっていうか…しちゃダメですね…

シンプルで生活感のない…無印良品のお店みたいなお部屋が憧れですが、こちらは本と趣味の安物コスメがごった返しています。パソコンというものが手元に現れてからやっと、文章を全部電子媒体に突っ込むことができるようになったので紙の分量はそれでも減ったはずですが…。

憧れの部屋はやっぱり大きいおうちを手に入れて一室それだけで作り上げるしかないかもしれません(空想)。個人的にはテレビが嫌い(大きい上ONにするともうナチュラルシンプルが思いっきり崩される)ですが、家族がいる時点で…諦めてます(笑)。

デザイナーさんはどんなおうちに住んでいるんでしょうね?気になる気になる。
thewhitenotes | 2013/04/21 12:37
憧れの部屋は難しいですねえ。よく言われることですが、「理想の部屋」が必ずしも「住みやすい部屋」とは結びつかないんですよね。たとえば、ナチュラルな白タイルのキッチンは女性に人気ですが、実際に使うと、タイルの目地が掃除しづらいし、白タイルだから目地の黒ずみがよく目立つ。見た目はナチュラルでかわいいけど、実用的じゃないんですよね。お手伝いさんのいる家なら、こまめに目地を歯ブラシでこすって掃除してくれるから大丈夫でしょうけれど^^;

テレビとかの家電がある部屋をオシャレにするって至難の業ですよね!特に日本の家電って機能性は抜群だけど、見た目が「いかにも家電」って感じで生活感たっぷり(笑)。もっとデザインにもこだわった家電が日本のメーカーから出てくることが、ナチュラルシンプルな部屋づくりへの第一歩かもしれません。
めえこ | 2013/04/29 11:04
COMMENT









Trackback URL
http://still-crazy.jugem.jp/trackback/233
TRACKBACK