何年たっても、まだ狂ってる。
Still Crazy After All These Years (Paul Simon)
<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< ベルント・シュナイダーという生き方 | main | ヘンネスの写真集 >>
ヘンネスですねん
 
最近のレヴァークーゼンがあまりにだらしないので、ライバルクラブのマスコットであるヘンネス君に渇を入れてもらいました。

口ではがんばれと言いつつ、脚でロゴを踏みつけてるのは、普段からレヴァークーゼンサポに酷い目にあわされてるからです(笑)。もちろん、試合中にスタンドから色んなものを投げられるとか、そんなんじゃないですが。ケルンとレヴァークーゼンはサポ同士の仲が険悪。なのでレヴァークーゼンサポが集まるサイトでは、ヘンネスを攻撃したり、いじめたりするイラストが多いのです。あのゴーストバスターズのバロディで、ゴーストではなくヘンネスを閉じ込めた「Goatbusters」のロゴイラストとかは、まだ笑えるからいいのですが。(Goat=山羊)
ヘンネスが射殺されてるイラストなどもあり、見た時はどきっとしました。と同時に、本当にヘンネスはケルンのシンボルなんだなあ、と。同じマスコットでも、レヴァークーゼンのブライアン(ライオン)とは認知度が違いすぎます。1.FCケルンのファンショップなんか、ほとんど「ヘンネスファンショップ」の様相だったもんなあ。店中にヘンネスグッズがいっぱいで。最近、行ってきた方の話によると、ショップの面積が縮小されていたようですが。それでもヘンネスグッズは充実していて、その方はヘンネスの傘を買ってきてました。
かたやレヴァークーゼンのファンショップ。ブライアンのグッズ、あったっけ…?という状態。私が積極的に探さなかったので、記憶にないだけかもしれませんが。ブライアン自体は可愛くて好きなんだけどね。やっぱり、本物の山羊をマスコットにしてるケルンにはかなわないよなあ。対抗するには、やっぱり本物のライオンをマスコットにするしか!(無理)

※1.FCケルンのファンショップについて、詳しくはこちら

まあそれはともかく、レヴァークーゼンにはほんとに頑張ってもらいたい。今のままだと、CLでバルサに虐殺される図しか浮かばない。なまじ10月に現地観戦してきたせいで、レヴァークーゼンが負けると、あの人の良さそうなおじさんおばさんたちがガッカリしてる様がリアルに想像できるんですよね。みんなトボトボと、暗〜い雰囲気であの道を帰っていったんだろうなあ、とか。もう前半戦が終わってしまって、陰鬱な気分のままウィンターブレイクを過ごさなきゃならないのもしんどい。こんな気分でクリスマス……まあ、レヴァークーゼンファンはこんな事態には慣れてるから、すぐに気持ちを切り替えてクリスマスを楽しむんだろうけど。しかしあの街に、クリスマスマーケットができる広場とかあるんだろうか。旧市街がないから、マルクト広場もなかったし。やはり駅前の、あの商店が並ぶ大通りなのかしら。と、どうでもいいことを気にしつつ、ウィンターブレイク中に効果的な補強ができることを願ってこの記事終わり。
web拍手 by FC2
スポンサーサイト
web拍手 by FC2
COMMENT









Trackback URL
http://still-crazy.jugem.jp/trackback/25
TRACKBACK