何年たっても、まだ狂ってる。
Still Crazy After All These Years (Paul Simon)
<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< Last winner〈第二部〜その6〉「アンドリュー・シェフチェンコ!」 | main | 神様がくれた時間「第一章・エル」 >>
Last winner〈第二部〜その7〉「いとしのカリー」
DSC_7294.jpg
2008年に発行されたバラックの伝記を持って待機しているファン。その本にサインしてもらおうという意図なんだろう。その隣には、チェルシーの応援フラッグを持っているファンが。

そうこうしているうちに、あらかた選手が到着し終えたのだろう。テレビスタッフが玄関前にカメラを運び、インタビューの準備を始めた。レポーターの女性がドアの前に立ってスタンバイ。この女性はカメラテストの間中、ずっとしかめっつらをしていた。
DSC_7297.jpg
しかしホテルからレーヴ、続いてカルムントが出てきたらニコニコとインタビューを開始。ちなみに二人一緒のインタビューではなく、一人ずつ別々。インタビューを受けている時間は若干レーヴの方が長かった。
にしてもドイツのテレビレポーターって、VIPにインタビューする時もこういうラフな服装でOKなんですね。

リアルタイム旅行記にも書いたけれど、レーヴとカルムントでは明らかに、ファンからの歓声の種類が違った。レーヴへは「ヨギー!」、カルムントへは「カリー!」とみんな愛称で呼びかけるんだけど、その声のトーンが明らかに違う。例えるならレーヴへは二枚目俳優へ向けるような歓声が、カルムントにはお笑い芸人へ向ける歓声のような感じ。
で、私はどうだったかというと、もちろんカルムントを生で見た時の方がトキメキましたがな(笑)。
DSC_7300.jpg
群衆の背中の隙間から、インタビューを受けるカリーの横顔をキャッチ。手前に写っているのは、初めに紹介した、ファンが持っているバラックの伝記本。

インタビューが終わり、VIPたちがホテル内に戻ると、次に登場したのは二台のバス。これに選手たちが乗り込んで、スタジアムに向かうというわけだ。
もちろんこのバスもあっという間にファンに取り囲まれた。


DSC_7304.jpg
バスに向けてカメラを構えるお嬢さんたち。その様子を、バスに乗り込んだ関係者らしきおじさんが逆に運転席から撮影していた。

DSC_7306.jpg
なんと、バスを先導するポリスカーまで登場。ホテルからスタジアムまでは車で5分ほどの距離なのに、どんだけ慎重なんだって感じ。オープンカーに乗っての優勝パレードじゃあるまいし、熱狂的ファンがバスを襲う可能性があるとでもいうのだろうか。
にしては、運転席のポリスマンはちょっと退屈そうでした。

さてこの頃になると、私もこの賑わいを楽しみつつ、そろそろ「早くスタジアムに行かなきゃ」という焦りが強くなってきた。時計を見ると、もう6時半。試合開始まで1時間半しかない。
スタジアムまでは徒歩20分くらいで行けるとはいえ、入場ゲートは混んでるだろうし、スムーズに座席につけるとは限らない。だから早く行かないと、試合前の練習が見られない……。でも、ここまできたら、選手たちがバスに乗り込むところも見たいというジレンマ。この時ばかりは、自分の体が2つほしかった!ホテル前で出待ちしてる自分と、スタジアムに行く自分と、一つずつ。
だがそんなことは不可能なので、後ろ髪を引かれる思いで、グランドホテルを後にした。

いったん自分のホテルに戻ってコンタクトレンズを装着しようと急ぐ私。その道の途中のカフェでも、バラックユニを着た2人組を見つけた。片方は代表ユニ、もう片方はチェルシーユニ。二種類のユニが混在しているのが、バラックの引退試合ならではの光景って感じ。
DSC_7313.jpg

足早にホテルに到着し、焦る気持ちを押さえつつ、洗面室の鏡前でコンタクトレンズをつける。だがここで奇跡が起こった! 私はコンタクトをつけるのが下手で、いつも軽く5回くらいは目に入れようとして失敗、を繰り返すんだけど、この時は両目とも「一回で」すんなり装着できたのだ。なんという奇跡。
入場チケットは持ってるか、寒くなった時にはおるジャンパーはあるかなど、もう一度持ち物チェックをしてから、いざホテルを出発。すでに7時になろうとしていたが、空はまだまだ明るかった。


……「せめて今年中に引退試合の記事だけでもupしたい」と書き始めたものの、書くことが多すぎて、スタジアムに到着するまでに今年が終わりそうなんですが
前途多難だけど、とりあえず〈8〉に続く!
web拍手 by FC2
スポンサーサイト
web拍手 by FC2
COMMENT









Trackback URL
http://still-crazy.jugem.jp/trackback/288
TRACKBACK