何年たっても、まだ狂ってる。
Still Crazy After All These Years (Paul Simon)
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 『忍者武芸帳 影丸伝』白土三平 | main | ゲーマーな日々、再び。 >>
ゴムの木虐待疑惑

部屋に観葉植物を飾りたくて、ずっと探してた植物のひとつがフランスゴムの木。しかも「斑入り」で「曲がり」というちょっとレアなやつ。実際に実物を見て買いたかったからネットで買う気はなくて、時たま行く園芸屋さんに入荷してたらいいな、くらいの軽い気持ちだったんだけど、なんせちょっとレアだからなかなか出会えない。それがこないだの日曜日、ようやく出会えた。

4つくらい同じ品種が並んでいて、曲がり具合を見比べてから購入。だがなぜかどの鉢にも、値段は書いていても品種は書いていない。それでも曲がり仕立てなんだから、フランスゴムの木に違いない。念のため、店主らしき店員さんに「フランスゴムの木の班入りですよね?」と確認してみたら「そうです」とのこと。

DSC_0018.JPG

だが家に持ち帰ってよーく葉っぱを見てみたら、私が知ってるフランスゴムの木の葉っぱとは、どうも斑の入り方が違う。フランスゴムの木は、もっと細かく斑が入る感じ。それに茎や歯柄、新芽の部分もこんな風に赤くない。
ネットで調べてみたら、どうも同じゴムの木の仲間の「デコラ・トリコロール」もしくは「ティネケ」という品種じゃないかという気がする。

DSC_0019.JPG

しかしネットでは、「デコラ・トリコロール」もしくは「ティネケ」が、「曲がり仕立て」で売られている例はない。曲がり仕立てで売られているのはフランスゴムの木のみ。……もしかして、「ゴムの木は曲がりが人気だから」ということで、フランスゴムの木じゃないゴムの木まで、無理やり「曲がり」で育てられたのか? それってまるで、清の時代に幼女の足を無理やり曲げて固定し、纏足(てんそく)にしたのと同じレベルの虐待じゃないか?(汗)。

DSC_0020.JPG

まあ別に私も、どうしてもフランスゴムの木が欲しかった訳じゃなく、ただ「班入りの曲がり仕立てのゴムの木」が欲しかっただけだから、別に品種にはこだわらない。これはこれで気に入ってるし、購入したお店の店員に「フランスゴムの木と言ったけれど、違うじゃないですか!」とクレームつけて返品しようという気もない。ホントは曲がり仕立てにできる品種じゃないのに、無理やり曲がり仕立てにされたとしたら、なんだか不憫でよけいに愛情がわいてくるし。

……と見せかけて、これはやっぱりフランスゴムの木で、ただ普通とはちょっと違う突然変異種なのかも。誰か正解を知ってる方がいたら、教えてください。

 

 

 

web拍手 by FC2
COMMENT









Trackback URL
http://still-crazy.jugem.jp/trackback/344
TRACKBACK
TweetsWind