何年たっても、まだ狂ってる。
Still Crazy After All These Years (Paul Simon)
<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< キツネと豚とジャガイモの夜。 | main | 「人気店だからおいしい」という幻想。 >>
駅からとほご〜「北助松」編
駅から徒歩5分の範囲をぶらり散策する「駅からとほご」シリーズ。今回は南海本線の北助松駅です。

と、もったいつけてみたものの。ようは仕事で北助松に行ったけど、早く着きすぎたので暇つぶしにぷらぷらしてただけっす(笑)。
DSC_2183.jpg
きたすけまつ。歌舞伎とかに出てきそうな名前の、各停しか停まらない小さな駅。
同じ泉大津市でも、急行が停まる泉大津駅の周辺はショッピングビルができるなどして再開発されているけれど、この北助松の周辺は、昔ながらの下町の雰囲気が色濃く残っていました。
ちなみに私は子どもの頃、泉大津市に何年か住んでいたので、このあたりは妙に懐かしいです。

DSC_2182.jpg
駅のホーム。ほぼ地元民しか利用しないであろう、のんびりした駅です。
私も仕事がなかったら、まず降りることはなかったと思う。

DSC_2177.jpg
大阪の下町ならではの風景を発見。「文化住宅」です。モザイクタイルがほどこされていて、施工当初はさぞかしモダンな建物だったんだろうなと思わせてくれます。
しかも二階部分をつなぐ空中通路まである! 空中通路って憧れなんですよ。空中通路のあるアパートに住むのが夢だったりする。

ちなみに文化住宅とは、長屋型木造アパートのこと。なぜか大阪では「文化住宅」と呼びます。

DSC_2181.jpg
道路沿い、商店の軒下に隠れるようにして、小さなお寺がありました。私は仏教は全く分からないのですが、真ん中の石に「子安 楠地蔵尊」と彫られていました。
どういうお地蔵さんなんだろうと眺めていると、おばあちゃんが自転車でやってきました。お地蔵さんに向かってまず合掌したあと、お賽銭を投げ入れ、鈴を鳴らしていました。
120328_1146~01.jpg
そのあと、また静かに合掌しました。その後ろ姿が、道路のミラーに小さく映っていました。
web拍手 by FC2
スポンサーサイト
web拍手 by FC2
COMMENT









Trackback URL
http://still-crazy.jugem.jp/trackback/87
TRACKBACK